せんだい保育室連絡会:せんだい保育室連絡会の活動

平成17年度までの活動内容

定例会 毎月定例会を開催
準備会 懇談会のための準備会… 6月・12月・3月
平成17年7月10日 仙台市長候補6名を招き、保育行政について意見を聞く会を開く
平成17年7月25日 保育課との懇談会
  • せんだい保育室の広報について
  • 保護者負担分の保育料の軽減について
  • せんだい保育室の役割、位置付けについて
  • 補助金増額について 等
平成17年8月23日 保育課長との懇談会(役員のみ参加)
  • 保育室、仙台市双方の立場をより深く理解するための話し合い
  • せんだい保育室のPRについても話し合われた
平成18年1月5日 市長への要望書提出
平成18年1月21日 研修会:桐島マサ江先生を迎えて「保育現場のいま・むかし」という題で講演を聞く
平成18年2月 せんだい保育室のパンフレット作製、配布開始
平成18年3月28日 梅原仙台市長との意見交換会
  • せんだい保育室の位置づけについて
  • 所得等に応じた保育料設定について
  • 市長との話し合いの継続について

せんだい保育室への移行もほぼ完了し、懇談会の内容にも変化がみられるようになった。制度上の改正を求めてというより、せんだい保育室の位置づけを明確にしてほしいということ、また、全てのこどもに平等にというたてまえから保育料の所得割を求めていく動きが主になってきつつある。

17年度は保育課との懇談会の他に、仙台市長・保育課長とも懇談する機会が得られた。話し合いが平行線をたどることも多いが、話し合いの中から実現したこともあり、今後もこういう場を通して双方の理解を深めていくことが、より良い保育につながっていくものと期待している。

改善点

  1. 市政だよりに認可保育所と同時期のせんだい保育室情報掲載の実現
  2. せんだい保育室連絡会のPRとして公共施設へのチラシ配付を許可