せんだい保育室連絡会(宮城県仙台市)

平成18年度までの活動内容

定例会 毎月開催(4月総会)
準備会 懇談会のための準備会…7月・12月
平成18年5月18日 梅原市長、せんだい保育室見学(共同保育所ちろりん村)
平成18年7月26日 せんだい保育室懇談会…保育課11名、市議8名、連絡会33名(保護者2名含む)
  • せんだい保育室の位置付けについて
  • 所得に応じた保育料の設定について
  • 実情に即した助成金の支給について
  • 契約書の取り扱いについて
  • 「保育に欠ける」から「保育を必要とする」への変換について等
平成18年8月19日 市会議員と意見交換会
平成18年8月28日 川口市への保育行政視察訪問(議員2名同行)
役員中心に8名が参加して川口市の所得割制度適用の現状や認可園、家庭保育室の見学をし、大きな収穫を得た。
平成18年10月1日 赤い羽根共同募金の街頭募金活動に参加
平成19年1月30日 少人数懇談会(保育課)…保育課7名、連絡会6名
  • 施設長会議のあり方について
  • せんだい保育室の目的について等
平成19年2月3日 市会議員と意見交換会
平成19年2月14日 市会議員と意見交換会
平成19年3月12日 市長へ緊急要望書提出
  • 多子軽減制度適用(年齢が低い方を減額)を要望
平成19年3月22日 子供未来局長と意見交換会…市議2名、次長、課長、連絡会6名

18年度のせんだい保育室懇談会は今までになく多人数参加になったものの、まだまだ行政との隔たりを実感するものとなった。その反省から市会議員との意見交換が活発に行われた。とりわけ、保育料の所得割制度実現のために他市の現状を知ろうと議員同行の川口市訪問は有意義なものとなった。

年度末には子供未来局長との意見交換が実現し、次年度につながるものとして期待したい。

今後も所得割実現を要望の柱とし、せんだい保育室懇談会、意見交換会等を通してせんだい保育室の役割、位置付けの理解を深めていきたいと思う。

改善点

  • 園児健康診断費助成