せんだい保育室連絡会(宮城県仙台市)

現在までの活動内容

定例会 毎月開催 ―部会で話しあいその後全体会―
不定期 意見交換(市議):市会議員・連絡会役員出席
平成26年7月 懇談会(保育指導課):課長他4名 連絡会14名出席
・子ども子育て新制度の進捗状況について
・今後の市の事業予定について
・せんだい保育室からの移行について
平成26年11月 懇談会(保育指導課):課長2名他5名
・小規模について
・管理者の要件、管理者設置加算について
・認可園について
  実務についての質問が主
平成27年2月 懇談会(奥山市長):市長他5名 連絡会13名出席
 ◎市長へ要望書手渡し
要望書の説明
・連携施設について
・安定運営のための加算制度について
・一時預りについて
  認可園へのスムースな移行

小規模保育事業の「先取り」が始まり、いよいよ新制度がそこまで来た、という実感のわいた26年度であった。制度に戸惑いながら先を行く仲間から情報を得、それぞれが自園の今後について悩み考えることも多かった。

そんな中で、例年の通り、市長との懇談会や年2回の保育指導課との懇談会が実施され、新制度の内容に対する疑問、不安などを表明する機会ともなった。

市長との懇談会では、新制度に関して(連携施設の問題についてなど)要望書を提出、連絡会としてのおもいを伝えた。

長年、協力し合って様々な問題に対処してきたせんだい保育室連絡会、転換期にあっても助け合いながら進んでいこうとした1年であった。