せんだい保育室連絡会:児童虐待について

虐待の見抜き方と対処法

虐待は見抜けるか

子供が虐待を受けているとしたら…きっと何かサインを出すはずです。

  • 子供が保育園へ行くのを嫌がるようになる。
  • 保育者のことを怖がるようになる。
  • 母親から離れるのを嫌がるようになる。
  • 登園させようとすると体調を崩すようになる。など

子供の甘えやわがままと叱らずに、「もしかしたら…」と子供のSOSを受けとめてあげてください。

虐待と思ったら…

保育園を突然尋ね保育の様子を観察したり、他の保護者の意見を聞いたりして情報を集めましょう。子供にチック症状や夜尿症など精神的症状が出てきた時は、「保育園にはいかなくていいよ。」とやさしく話し、子供の気持ちを解きほぐしてあげましょう。

そして、児童虐待を疑ったら、最初の相談先となるのは児童相談所や福祉事務所です。児童虐待防止センターなどに相談するのも良いでしょう。

1人で悩んでいるあなた…

子供は日々ゆっくり育っています。昨日できなかったことが今日はできることもありますが、毎日毎日繰り返さないと身につかないことが多いのです。「しつけ」と呼ばれるもののほとんどがそうです。「どうしてうちの子はこうなんだろう」「毎日同じこと言っても分からない」…つい手を出してしまうこともあり一人悩んでいるということはありませんか?

「子供虐待ネットワークみやぎ(CAPNET・みやぎ)」
子育てや虐待に関する電話相談を受け付けています。
TEL 022-265-8866 毎週 月・水・土曜日 午前10時から午後4時まで
「のびすく仙台」
ヨチヨチ世代とその家族のための「子育てま・る・ご・と応援」施設です。ままごとをはじめオモチャやボールプール・トランポリン等の遊具が整っています。一時預りも可。
TEL 022-726-6181 青葉区中央二丁目10-24